短期集中のデメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ダイエットの継続には、理想の体型に近づけるという大きなメリットが期待できます。そして同時に、短期集中型で無理しておこなうダイエットにおける、デメリットを回避できるという点でも魅力的といえます。理想の体型に近づきたいという思いが強いと、やはり慌てて無理をしてしまいがちです。ですがそこには、いくつかのリスクも伴います。

リバウンドたとえば、リバウンドです。集中的に食事を抑えて、さらに激しい運動も伴えば、確かに痩せられるかもしれません。ですが、無理のある頑張りは、そう長続きできるものでもありません。それどころか、リバウンドして実践前より太ってしまう可能性すらあります。それでは、本末転倒でしょう。

また、怪我の危険性も気になります。肥満が気になっている人であれば、多くの場合運動を得意としていないことでしょう。にもかかわらず、突然無理して激しく運動するとなれば、体がついてこない可能性も懸念されます。重大な怪我にすら、繋がってしまいかねません。

このように、短期集中的なダイエットには、デメリットが少なくありません。その点、フィットネスクラブで無理なく楽しく続けられれば、これらリスクも回避しつつ、さらに成功を大きく引き寄せられます。本当にダイエットを成功させたいなら、フィットネスクラブを活用しない手はありません。